Article| Image
English
  • 日本語
日本語
Directory Of Year 2007, Issue 12
The current issue
Current Location:日本語 » 200712 » 大紅袍の謎を探る②
Bookmark and ShareCopy Reference Bookmark and Share Add To Favorite

大紅袍の謎を探る②

Year:2007 Issue:12

Column: 中国茶文化そぞろ歩き(6)

Author: 棚橋篁峰

Release Date:2007-12-05

Page: 50,51

Full Text:  


流香澗、慧苑坑へ行く途中の岩茶畑

流香澗、慧苑坑へ行く途中の岩茶畑

武夷山市に到着して、茶店を訪ねてみると、今年大きく変わったことは、どの店でも大半が「大紅袍」を売っているということです。

ちょっと、一軒のぞいてみました。席について試飲会の始まりです。さまざまな値段の「大紅袍」を飲んでみると、なぜか味も香りも微妙に違います。

「これが『大紅袍』ですか?」

「そうですよ。みな『大紅袍』です」

「いや、奇丹の茶樹を『大紅袍』というのだから、ちょっと違うでしょう」

「奇丹(大紅袍)のことを知っているのですか?今は、武夷岩茶を一般的に『大紅袍』といって販売するのです」

話がかみ合いません。

私は、武夷山の友人の茶農と山を歩くことにしました。一般的に「大紅袍」と呼ばれる「奇丹」の母樹を見たあと、さらに慧苑坑、牛欄坑、大坑、流香澗、悟源澗一帯の山に分け入ります。

「先生、これは『武夷肉桂』。これは『武夷水仙』。そしてこれが、『大紅袍』として販売できる茶葉です」との説明。これは一体どうしたことでしょう。この秘密について私なりに説明してみます。

一般的に、武夷岩茶にはさまざまな種類があります。なかでも「大紅袍」「白鶏冠」「鉄羅漢」「水金亀」は、四大名欉(めいそう)と言われ、よく知られています。一九四三年、林馥泉氏の調査によれば、慧苑坑には八百三十種余りの名欉があり、そのうち、二百七十九種は名前がはっきりしています。現在では、一千種類以上の武夷岩茶があると言われているのです。

近年までは「有性繁殖」、つまり種子で繁殖が行われていたため、茶樹のある場所によって、味や香りに変化が出て、さまざまな名前が付けられていたとのこと。茶樹としては、武夷岩茶と総称すればよいというわけです。

街中に出ているお茶のほとんどが「大紅袍」という名前になっているのは、武夷山を代表する武夷岩茶の名茶は、一番有名な「大紅袍」の名で販売したほうが儲かるからです。武夷岩茶の「大紅袍」が有名になればなるほど、「大紅袍」だけが売れて、他の名茶が売れなくなってきたことが原因かもしれません。商業文化としての茶販売の影響でしょう。

現在、武夷山のお茶を分類すると、「武夷奇種」「武夷水仙」「武夷肉桂」「武夷烏龍」「武夷仏手」に分かれます。さまざまな名前の武夷岩茶は「武夷奇種」に分類されるということです。「大紅袍」として売られている現在のお茶は、「武夷奇種」のブレンド茶なのです。これで、幻の名茶と言われた「大紅袍」が、どこの店にも並ぶようになった秘密がおわかりになったかと思います。


中国茶文化国際検定協会会長、日中友好漢詩協会理事長、中国西北大学名誉教授。中国茶の国際検定と普及、日中交流に精力的な活動を続ける。

中国茶文化国際検定協会会長、日中友好漢詩協会理事長、中国西北大学名誉教授。中国茶の国際検定と普及、日中交流に精力的な活動を続ける。

では、さまざまな伝説に彩られたその他の多くの名茶はなくなってしまったのでしょうか。そんなことはありません。

①茶樹の形態によって命名された、酔海棠、酔洞賓、酔貴妃、釣金亀、玉麒麟、鳳尾草など。

②茶樹の生長環境によって命名された、不見天、過山龍、水中仙、金鎖匙、半天腰など。

③茶樹の葉形によって命名された、瓜子金、金銭草、金柳条、白柳条、倒葉柳など。

④茶樹の葉色によって命名された、白吊蘭、水紅梅、緑蒂梅、黄金錠など。


流香澗の案内板

流香澗の案内板

⑤茶樹の発芽の早い遅いなどによって命名された、迎春柳、不知春など。

⑥茶の香りによって命名された、肉桂、白瑞香、石乳香、白麝香、夜来香、十里香、奇蘭香など。

⑦植樹年代によって命名された、正唐樹、正唐梅、正宋樹など。

⑧神話伝説などによって命名された、大紅袍、白鶏冠、水金亀、呂洞賓、白観音など。

しかし、これらのお茶はものによって入手が非常に難しくなっています。

お茶は嗜好品ですから、名前に惑わされて飲むものではありません。

「これ、有名なお茶だから買いましょう」

「これ、テレビや本に出ていたから飲みましょう」


①流香澗②慧苑寺

①流香澗②慧苑寺

こんな言葉をよく聞くのですが、あまり感心しません。他人が美味しいと言ったからといって自分も美味しいと思うのは、本当のお茶好きとは言えないのではないでしょうか、ぜひ、さまざまな武夷岩茶を飲み比べてみて欲しいものです。特に岩茶は、さまざまなものを飲んでみることに価値があるのです。

お茶とは本来そうしたものだと私は思っています。さまざまな武夷岩茶を飲んでみて、あえて感想を言わせてもらえば、私は「武夷肉桂」の高級品が好きです。「岩韻(イエンユン)」(武夷岩茶の素晴らしさを讃える中国語)とは何かと感じさせてくれるからです。

GO TO TOP
5 chegongzhuang Xilu, P.O.Box 399-T, Beijing, China, 100048
Tel: +86 10 68413030
Fax: +86 10 68412023
Email: cmjservice@mail.cibtc.com.cn
0.021