Article| Image
English
  • 日本語
日本語
Directory Of Year 2000, Issue 8
The current issue
Current Location:日本語 » 20008 » 北京·雍和宮 古都の春を清める「打鬼」
Bookmark and ShareCopy Reference Bookmark and Share Add To Favorite

北京·雍和宮 古都の春を清める「打鬼」

Year:2000 Issue:8

Column: 連載

Author: 写真·郭実 文·阿巴徳夫

Release Date:2000-08-05

Page: 30-35

Full Text:  

中国の多くの少数民族は、祭日に面をつけ舞踏を行う風習がある。ラマ教の信者が行う「祀神舞(ししんぶ)」もその一例に数えられる。北京のラマ教寺院として名高い雍和宮では、毎年旧暦一月二十三日から二月一日にかけて「祈原大法会」を行い、最後の二日間に「打鬼(だき)」を行う。この「打鬼」も民族伝統の「祀神舞」といえるだろう。「打鬼」は北京での俗称で、「跳神」とか「跳鬼」と呼ばれることもある。また北京のモンゴル...

Please login first!
GO TO TOP
5 chegongzhuang Xilu, P.O.Box 399-T, Beijing, China, 100048
Tel: +86 10 68413030
Fax: +86 10 68412023
Email: cmjservice@mail.cibtc.com.cn
0.046