Article| Image
English
  • 日本語
日本語
Directory Of Year 2000, Issue 3
The current issue
Current Location:日本語 » 20003 » 少林寺―禅と拳法の聖地
Bookmark and ShareCopy Reference Bookmark and Share Add To Favorite

少林寺―禅と拳法の聖地

Year:2000 Issue:3

Column: 連載

Author: 文·丘桓興 写真·馮進

Release Date:2000-03-05

Page: 56-61

Full Text:  

禅宗と少林拳法の発祥の地として知られる少林寺は、洛陽の東南約六十キロ、河南省登封県少室山の北麓にある。創建は、北魏·孝文帝の太和十九年(四九五)。当時は一帯に林が茂っていたので、この名がついた。現在の少林寺は、山門内の白衣殿、千仏殿(別名、毘盧(?)閣)などのほか、門外の初祖庵、二祖庵、達磨(だろま)洞、塔林などを含む。達磨、面壁九年の修行禅は、インドに始まる。梁·武帝の大通元年(五二七)、仏の正...

Please login first!
GO TO TOP
5 chegongzhuang Xilu, P.O.Box 399-T, Beijing, China, 100048
Tel: +86 10 68413030
Fax: +86 10 68412023
Email: cmjservice@mail.cibtc.com.cn
0.033