Article| Image
English
  • 日本語
日本語
Directory Of Year 1985, Issue 9
The current issue
Current Location:日本語 » 19859 » よみがえる“竜の首”。山海関長城の修復工事がスタート。
Bookmark and ShareCopy Reference Bookmark and Share Add To Favorite

よみがえる“竜の首”。山海関長城の修復工事がスタート。

Year:1985 Issue:9

Column: グラフ

Author: 写真 劉世昭

Release Date:1985-09-05

Page: 60,61

Full Text:  

東は山海関から西は嘉峪関まで、延々一万二千華里(六千キロメートル)にわたって連なる「万里の長城」が、東に五キロほどさらに延びることになった。明代の名将·戚継光が築いた山海関は、長大な竜にたとえられる長城のいわば頭にあたる部分。燕山山脈の尾根づたいに延びた長城は、ここ山海関で首を南に曲げ、渤海に臨んで盤踞するかっこうになっている。長城の中でも最も壮大で険峻な景観として、古来、「天下第一関」の名で呼ば...

Please login first!
GO TO TOP
5 chegongzhuang Xilu, P.O.Box 399-T, Beijing, China, 100048
Tel: +86 10 68413030
Fax: +86 10 68412023
Email: cmjservice@mail.cibtc.com.cn
0.029