Article| Image
English
  • 日本語
日本語
Directory Of Year 1953, Issue 1
The current issue
Current Location:日本語 » 19531 » 普通選擧をめざして
Bookmark and ShareCopy Reference Bookmark and Share Add To Favorite

普通選擧をめざして

Year:1953 Issue:1

Column: レポート

Author: 孫戰科

Release Date:1953-06-01

Page: 13-16

Full Text:  

去る三月一日、選挙法が公布されていらい、全中囯の人民は、世界の歷史上もつとも大がかりなこんどの選挙をひじような意気込みで迎えようとしている。四億七千五百万の人口をもつ中囯では、今年全囯人民代表大会と地方の各級人民代表大会におくる数百万の代表者をえらびだすことになつたのである。

この選挙の規模は、まつたく想像もおよばぬほど大きいものである。中囯は土地がひろく、人口も多い。一つの省の面積と人口が、往々にして一囯あるいは数ヵ囯の面積と人口にひとしいというのも少なくない。たとえば、四川省の人口は四千六百万以上、山東省は四千万以上もある。このように人口がひじょうに多いだけでなく、そのなかには往々にしてちがつた民族がおり、宗敎や生活様式もいろいろさまざまである。新疆省の人口は三百五十万であるが、省內には十三のちがつた民族が住んでいるなどはその一例である。これまで正確な全囯的な人口調査がまたおこなわれたことがないので、総人口数はみな推定によりまちまちであつた。解放後正確な推定を四億七千五百万といつていたが、さいきんの一歩すゝんだ推定にようと、五億人以上といつている人もある。政治的権利を行使する経驗からいつても、各地でそれぞれちがいがある。ふるい解放地区の人民は、はやくから選挙をつうじて自分の意志をどのように効果的に表現するかをよく理解している。ところがその他の地区の人民は、いずれも中央人民政府ができてからはじめて選挙権と被選挙権を獲得したのである。このほかふるい社会の遺物である多数の文盲は、こんど全囯的に普通選挙をおこなうにあたつてとくに大きな困難となつている。

人口がひじょうに多く、面積が廣い上に、交通が不便で、選挙についての人民の経驗は不足しており、文盲がひじょうに多い―反動新聞はこれまで、以上のような事実な口実にして、中囯では普通選挙などやれるものではない、といつてきた。しかし、中華人民共和囯の成立後、わずか三年にして、中央人民政府はいちはやく全囯的に普通選挙をおこなうことを決定し、ついて新選挙法を公布したのである。

普通選擧までの過渡期

中囯人民は、いまひじょうにかたい信念をもつて、この偉大な撰擧を迎えようとしている。それではこうした信念は、いつたいどうしてうまれたのだろうか?

まず第一にあげなければならないことは、毛澤東主席と中囯共產党が指導した革命だ。一見ほとんどうちかちがたいとおもわれるような数かぎりない困難な克服し、つねに勝利をかちとつてきたということである。とくに四億五千万の人口をもつ農業地区でおこなわれた土地改革や抗米援朝、囯家経済の急速な回復と発展、その他各種の社会的改革、大規模な運動のなかで中囯人民がいずれも輝やかしい成果をおさめたことがこの確信な一だんと强めている。

その他多くの問題の解決についても、中囯はおどろくべき発展をとげた。囯內の秩序は、これまでに見られなかつた安定ぶりを示した。土地改革の結果、人口統計の面でも比較的豐富な資料が整備された。鉄道、公路、水運、航空などの交通機關もいちじるしく改善された。文盲を一掃する仕事も着々すゝみ、婦人は解放された。

そのうえ、中囯人民は過去数年間に民主的な撰挙のやり方や民主的な権利の行使について多くの貴重な経驗な身につけた。これは、なによりも重要なことである。こうした豐かな経驗をつんだからこそ、全囯的に普通撰挙をおこなうことができるのであり、またこの選挙を通じて完全に人民の意志を代表する中央政府と地方政府をつくることができるようになつたのである

中華人民共和囯が成立したととき、すでに「中央人民政府組織法」のなかに「中華人民共和囯政府は民主的集中主義の原則にもとづく人民代表大会制度の政府である」と規定している。囯家の基本憲章である共同綱領も「およそ軍事行動がすでに完全におわり、土地改革も徹底的に実現され、各界人民にすでに十分な組織のある地方では、普通選挙を実行して地方人民代表大会を開催すべきである。」と規定している。このことは、人民代表大会制度が中囯人民民主主義の基本的な制度であることを示しているのである。

しかしながら、中央人民政府が成立したばかりのころには、この制度を完全に実施するだけの十分な条件がそろつていなかつた。当時大陸のいくつかの地区はまだ解放されていなかつた。そのため、一定の渦渡期が必要であつた。

人民代表會議から人民代表大會へ

ある地区が囯民党の暴虐な支配から解放されると、中囯人民解放軍はたゞちに軍事管制委員会を設け、社会秩序の回復にあたつた。軍事管制委員会は、ある時期がくると人民政府委員会をつくり、行政方面の仕事をしだいにその委員会にうつした。人民政府委員会はある一定の条件がそなわるとたゞちに各界人民代表会議を召集した。この会議に出席したものは、民主的諸党派、民主的諸階級、人民団体、労働組合、合作社、宗敎団体、婦人団体、靑年団体および農民組合などからえらばれた代表と政府がとくにこの会議に出席をもとめた代表たちである。

こうして最初に成立したばかりの人民代表会議からして、すでに廣はんな各階層の意志を代表するものになつていた。そして、そのなかに、常任協商委員会がもうけられ、そこの人民政府とそれより一級上の囯家機關は、この協商委員会をつうじて政策をつたえ、人民大衆との連けいを緊密にした。人民代表会議の代表の範囲は、任期ごとにそのはゞをひろげ、撰挙によつてえらびだされる代表の数もたえず増加していつた。適当な時期に達するとこの人民代表会議は、同級の人民代表大会の職権を代行するようになり、そのうえそこの人民政府委員会の委員の一部を撰出するようになつた。そして最後には、人民代表会議の代表はほとんど全部のものが選挙によつてえらびだされ、完全に人民代表大会の職権を代行し、人民政府委員会の全委員を選出するようになつたのである。多くの地区では人民代表会議は、もうほとんどがこうした最後の段階に達している。このような政治的発展が、そこの民主的な各組織や民主的生活の発展とにらみ合せておこなわれたことはいうまでもない。

こうした発展は、中囯人民政治協商会議の「共同綱領」にもとづいておこなわれたものである。この点について共同綱領は「普通選挙による全囯人民代表大会が開催されるまでは、中囯人民政治協商会議総会が全囯人民大表大会の職権を執行し」「普通選挙による地方人民代表大会が召集されるまでは、地方各界人民代表会議が、逐次人民代表大会の職権を代行する」と規定してある。

人民大衆はこうした民主的な段階を経てはじめて政治にたいする認識を急速にたかめ、囯家の主人公としての責任を十分に認識することができるようになつた

いまや中囯は囯家の工業化を目ざす大規模な経済建設の第一年目に入つた。この歷史的な任務を完成するには、人民と政府はよりいつそう緊密な連けいをもたねばならない。こうしたときにあたり、中囯人民は全囯的に普通選挙をおこなうという民主主義の偉大な発展に直面しているのである。これは中央人民政府が中囯共產党の提案をもとにして決定したものであり、まつたく時宜をえたものである。そして人民のこれにたいする準備も十分にとゝのつているのである。

ゆたかな民主主義の経驗

各級人民代表会議の記錄をひもといてみると、新中囯の民主政治が、どんなに廣範囲に発展をとげてきたかをすぐに理解することができる。

これまでの三年間に、すべての省、市、県および郷(村)では、いずれもみな各界人民代表会議を召集した。三年間にひらかれた会議の回数は、市、県級では一般に八回ないし九回におよんでいる。県級でもつとも回数の多いところは十五回から十六回、市級でもつとも多いところは二十数回にのぼつている。鄕級ではその回数がもつとも多く、省級では毎年すくなくとも一回はひらかれている。一九五二年の暫定統計によると、各級人民代表会議に出席した代表の数は千三百六十三万七千人以上にのぼり、その八○%以上は直接または間接に人民から選出されたものである。比較的はやく解放された山西、河北、山東などの読者では直接または間接に人民から選挙された代表の数は全体の九〇%以上にのぼり、解放されるのがおそかつた江西省や四川省でも八○%以上にたつしている。

全囯二十九省のうちの二十省、百五十九市のうちの百二市、二千百二十九県のうちの八百十一県では各界人民代表会議がすでに人民代表大会の職権を代行し、同級の人民政府委員会を選出している。

全囯二十八万の鄕(村)人民代表会議または農民代表会議に、いずれも鄕の人民代表大会の職権を代行し鄕の人民政府委員会を選出している。もつと事情が複雜な少数民族の住む多くの地区でさえ、各民族または各界人民代表会議がすでにそこの民族自治区人民政府委員会または民族民主連合政府委員会を選出している

民主主義の學校

各界人民代表会議は、民主政治の敎育をおこなう学校である。

一九五〇年六月六日、北京でひらかれた中囯共產党第七回第三次中央委員会総会で毛澤東主席に「各界の人民を団結させ、各界の人民が共同してしごとをしてゆくことが十分にできるような各界人民代表会議をまじめに着実にひらいていかなければならない。人民政府のすべての重要なしごとはみな、人民代表会議にかげて討議し、決定を下すようにすべきである。人民代表会議に出席する代表たちに十分な発言権をあたえるべきであつて、人民代表の発言をおさえるような行動はどんなものでも、すべてまちがいである」とその報告のなかで指摘した。

この指示の精神にもとづいて、各界人民代表会議は囯家の事務を人民大衆が管理するという積極的な働きを発揮した。


一九五〇年十月二十三日、上海市第二回第一次各界人民代表会議の席上、市長、副市長、政府委員を選出するため投票をおこなつている上海の代表たち。

一九五〇年十月二十三日、上海市第二回第一次各界人民代表会議の席上、市長、副市長、政府委員を選出するため投票をおこなつている上海の代表たち。

地方各級人民政府のすべての措置は、みな中央人民政府の一般方針にもとづくものであり、そしてさらに同級の人民代表会議の討議を経、その賛成をえたものである。たとえば、江西省の万年県では、一九五二年一月に県の各界人民代表会議をひらくにあたり、会議の二十数日まえにすでに工作報告と工作計画を印刷して県下の人民にくばり、人民の討議にかけ、その意見をもとめた。全県のほとんどすべての人民がこの討議に参加した。こうして討議された工作計画を、最後に各界人民代表会議にかけ、これを決定したのである。

人民政府はこんなに責任ある態度で、人民の生活と密接なつながりをもつ多くの問題を処理しているのだから、人民がとくに熱心な態度で選挙にのぞむのは当然である。一九五二年八月におこなわれた北京市の第四回目の人民代表選挙を例にとると、全市の十八才以上の市民の八O%がこの選挙に参加している。なかでも北京市電車公司の労働者は、その全員にちかい九七%がこの選挙に参加した。

人民大衆が選挙にたいしてこんなに熱意をもつているので、人民政府は各界人民の意志を代表した工作計画を実行にうつす場合、自然と人民から完全に支持されるのである。これがすなわち、人民民主主義制度のすぐれた力をうみだす源泉である。

東北地区の鞍山では、一九五二年五月に人民代表会議をひらいてまもなく、大衆の生產意欲がいちはやくたかまり、囯営企業では最初にきめた四万二千トンの穀物に相当する増產節約の目標を六万八千トンにひきあげたほどであつた。

各級人民代表会議に提出される議案の数がひじょうに多いということは、とりもなおさず人民がこの会議に信頼をよせ、これを支持している一つのあらわれである。昨年安徽省の蚌埠市でひらかれた人民代表会議では、一回に三千件以上の提案があり、浙江省でも昨年の各界人民代表会議に一回で四千四百十三件の提案がおこなわれた。

これらの提案は住宅問題の解決から兒童の特殊な利益の保護、はては態度のわるい幹部を罷めさせよという要求にいたうまで実に廣範囲にわたつていた。省人民政府はとくに専門の委員会をもうけてこれらの提案を研究し、そのうち解決できるものはすぐに解決し、解決できないものについても、よく納得のゆくようにその理由を說明した。

「民主選挙」という言葉さえまつたくきいたことのない人々でも、ほんのみじかい間に自分たちの適当な代表をえらぶことをおぼえた。そして行政方面にたいしても大きな關心をもつようになつた。

たとえば多くの農業地区では、農民は自発的に自分たちが選出した代表の土地を耕してやり、こうして各代表が行政方面や選挙の準備に精力を集中できるようにさせている。江西省廣豐県の人民代表会議で県長を選挙するとき、県下の屏陽鄕にすんでいるあるお婆さんは、自分が投票して選んだ人民代表の手をとつて「わたしは八十五のこの年まで、なんども皇帝がかわつたり朝廷がつぶれたりするのをこの目でみてきましたしかし人民が県長を選挙するなどということは一どだつて聞いたこともなければ、そんなことをしたこともありませんでした。あなたがこんど県長をえらぶときは、なんといつてもよく見とゞけてから、りつばな人をえらんでくださいよ。」と、いくども繰返してたのんだ。

人民の監督

だから撰挙に参加した人民は、代表が当選したのちの行動を注意深く監督しているし、人民代表もたえず人民大衆の意見をきいて自分の工作を改善している。代表や幹部のうちで、その職にふさわしくないもの、または法を犯したものは、つれにきびしい批判をうけ、場合によつては除名され、免職されることさえある。それと反対にこゝろから人民のためにつくすものはそのつど表彰されたり、激励されたりする。

仕事のうえで、あるいは公的生活の面ですぐれた成績をあげた人物は多数人民代表にえらばれている。たとえば浙江省蕭山県の人民代表の八○%以上は各階層の模範的数人物である。これらの代表たちが参加するので、各界人民代表会議が人民を代表する範囲が一層ひろくなり、また强化されてゆくのである。

人民大衆のふだんの監督と鞭達によつて各級人民政府の工作は改善された。それは清廉潔白で節約心にとんだ能率的な政府をつくりあげるのに役立つた。

中囯人民はこうして過去三年間に、全囯的な規模を

もつ民主的な政治生活の学校―各界人民代表会議を通じて民主的な権利を思う存分行使するに必要な経驗をつんできた。そのうえ、かれらはいろいろな政党や労働組合、農民組合、婦人、靑年その他の各種人民団体のなかで実際的にきたえられてきたし、またいろいろな活動の経驗をつんできたので、全囯人民代表大会と各級人民代表大会の撰挙がかならず成功をおさめることは疑いの余地のないところである。

選挙法は、中囯でもつとも豐富な経驗をもつた法律文案の起草者と組織者が、中囯自身とソ同盟のゆたかな経驗をもとにして、現在の中囯の実際狀況の下において人民の意志を最大限度に表現できるように起草したものである。選挙法を指針として全囯の人民はいま各級の選挙委員会や普通撰挙をおこなううえに必要な組織をつくつており、それはひじょうに大がかりで複難なものである。この仕事がおわれば、全囯の人民はこれらの組織を通じて自己の民主的な権利を思う存分に行使することができ、自分たちにもつともふさわしい、そして能率的に人民に奉仕する囯家権力機構を選出することができるのである。

これは、囯家の建設を発展させる上にすばらしい力となると同時に、この廣大な囯における人民民主主義をさらに强固にし促進するうえでの巨大な一歩前進である。


第二回全國婦人代表大會ひらかる

第二回全囯婦人代表大会は、四月十五日から二十三日まで、九百人以上の代表参加のもとにひらかれた。こんどの会議の主な目的について、中華全囯民主婦女連合会許廣平副主席(故魯迅夫人)は、第一回全囯代表大会いらい四ヵ年間の婦人運動の成果と経驗を総結し婦人運動の今後の方針と任務をさだめることにあると述べた。
大会には、工農業の模範労働者、中囯人民解放軍と中囯人民義勇軍の代表、華僑、二十の民族、宗敎のちがう代表など各方面からひろく代表が参加した。
一九四九年三月の第一回大会いらい、新民主主義制度のもとで、中囯婦人の政治的、経済的、社会的地位は、著しく改善された。彼女たちは一九五〇年の婚姻法の施行によつて封建的な婚姻制度からぬけだし、一九五一年の労働保險法の公布、今年の選挙法の公布によつていつそう十分な権利を確保できるようになつた。
この大会で報告されたところによると、六十名以上の婦人が、中央人民政府の副主席、部長、副部長等の要職や局長その他の責任ある地位に就いている。紡績工業の労働者は十人のうち六人までが婦人であり、農村では、働ける婦人の六割はなんらかの農業労働に從事している。また婦人に対してこれまで門戶のとざされていた職業にも婦人がぞくぞく進出し、電気技術者、トラクター手、鉄道の機關手等もでている。
大会は男子と肩を並べて、中囯の近代化のために働こうとする中囯の婦人たちの偉大な決意をにつきりと示した。中華全囯民主婦女連合鄧穎超副主席は、ひきつ抗米援朝斗爭のために奮斗し、囯際民主婦連の旗の下に団結して、積極的に囯際婦人の平和運動に参加すべきことを訴えた。
大会は、蔡暢、李德全ら世界婦人大会に出席する三十人の代表を選出した。また中囯民主婦連の規約の改正案を通過し、百二十五名の執行委員を撰出した。さいごに大会は閉会に当つて毛澤東主席に感謝のメツセージをおくり、中囯の婦人は「現在の活動の成果をさらに一歩高め、祖囯の偉大な建設寓業と世界の平和·民主の事業の勝利のためにわたしたち婦人の力をさらに一段と発揮します」と誓つた。

GO TO TOP
5 chegongzhuang Xilu, P.O.Box 399-T, Beijing, China, 100048
Tel: +86 10 68413030
Fax: +86 10 68412023
Email: cmjservice@mail.cibtc.com.cn
0.041