Article| Image
English
  • 日本語
日本語
Directory Of Year 2007, Issue 2
The current issue
Current Location:日本語 » 20072 » 筆を持てば別世界への扉が開く
Bookmark and ShareCopy Reference Bookmark and Share Add To Favorite

筆を持てば別世界への扉が開く

Year:2007 Issue:2

Column: わたしの一日(38)

Author: 楊振生=写真·文

Release Date:2007-02-05

Page: 56,57

Full Text:  

幼少時から字を書いたり絵を描いたりすることが大好きだった。大学のとき、建築工程図の製作を学んだことで、鉛筆画やペン画の基礎を身につけた。同時に習字も始めた。まずは柳体(柳公権の書体)から入り、魏碑体、顔体(顔真卿の書体)と進んだ。楷書、行書、草書、隷書、小篆、大篆も熱心に練習。あっという間に月日が過ぎたという。一九八二年には、雲南省の画家、張利民先生について花鳥画や山水画、動物画、人物画などを学ん...

Please login first!
GO TO TOP
5 chegongzhuang Xilu, P.O.Box 399-T, Beijing, China, 100048
Tel: +86 10 68413030
Fax: +86 10 68412023
Email: cmjservice@mail.cibtc.com.cn
0.034