Article| Image
English
  • 日本語
日本語
Directory Of Year 1999, Issue 3
The current issue
Current Location:日本語 » 19993 » 『貴妃酔酒』
Bookmark and ShareCopy Reference Bookmark and Share Add To Favorite

『貴妃酔酒』

Year:1999 Issue:3

Column: 連載

Author: 波多野真矢

Release Date:1999-03-05

Page: 46-49

Full Text:  

春宵一刻値千金、何ぞ燭を乗りて遊ばん。ようやく冬が過ぎ、百花が綻び再びめぐりくる春に、誰もが血潮の温まるのを覚えます。匂やかな花花の中にあってその王たるにふさわしい解語(かいご)の花、(言葉のわかる花。転じて、美人。玄宗が楊貴妃を指して言ったことば)絶世の美女·楊貴妃が酒に酔う、今宵は『貴妃酔酒』(きひよいゆ)の芝居の話です。楊貴妃は、唐の玄宗皇帝との永遠の愛を詠った白楽天の詩『長恨歌』によって、...

Please login first!
GO TO TOP
5 chegongzhuang Xilu, P.O.Box 399-T, Beijing, China, 100048
Tel: +86 10 68413030
Fax: +86 10 68412023
Email: cmjservice@mail.cibtc.com.cn
0.030